Hatena::Grouphebomegane

“ぼ”んやりと“そ”こにある何か(仮) RSSフィード

2008-09-06

ドキッ☆ 浴衣だらけのもんじゃ大会!

| 01:20 | ドキッ☆ 浴衣だらけのもんじゃ大会! - “ぼ”んやりと“そ”こにある何か(仮) を含むブックマーク はてなブックマーク - ドキッ☆ 浴衣だらけのもんじゃ大会! - “ぼ”んやりと“そ”こにある何か(仮)

発端はなんだったんだろう。

とにかく僕らはこの夏、浴衣が着たかったんだ(何

  • もんじゃが食える屋形船に乗ろうという話だったのだけど、もう貸切運行しか空いてないということで却下。
  • もう9月だけどいいのか浴衣?
  • まあいいんじゃね?
  • 雨振るんじゃね問題
  • 雨だったら行かないよ発言
  • それらもろもろを越えたときに起きた心が折れた事件
  • あーもーーー!!! おまえらーーーー!!!!
  • もんじゃ焼いてお酒飲めば楽しくやれるんだからとにかくおいでよ。
  • てなわけで続々集合。
  • 野郎が多いよムサいよ目の保養はー?
  • よく考えたら14人中女子は4人だけ。そりゃムサいわ。
  • 男性陣は「落研系」「老舗商家の放蕩息子系」「相撲部屋新弟子系」の3タイプに分別できました。
  • でもみんな意外なほど似合ってたよ。
  • 駅のトイレで着替え中というstegさんを待つ数人残して移動。
  • 椅子席をお願いしてたのに伝わってなくてマゴマゴしたり。
  • で、ようやく席に着いたらまるでお小姓さんのような麗しい方が目の前に。stegさんでした。
  • うわぁすごくお話したいけど今日は旦那も連れてたりしたので上手く話題をふれず。申し訳ない!><
  • まずは海鮮鉄板焼き。牡蠣!!うまい!!!
  • 鮭(だったっけ)のホイル蒸しもなかなか。
  • 一人一つずつもんじゃかお好み焼きを選ぶ。
  • かぶったら負け。
  • とかいう途端にかぶる私となるかみさん。
  • だって明太もちチーズもんじゃはマストじゃないか!
  • 自分が頼んだもんじゃは自分で焼きましょう。
  • 両手でコテを持つと……袖が邪魔……!!
  • あと座る席によって温度差が激しすぎる。
  • そのため後々、大々的な席替えが各所で勃発する。
  • もんじゃはわりと上手に焼けました、うちの鉄板は。
  • ひとりお好み焼きに逃げた旦那はずるいと思いました!!><
  • この時点で相当腹が一杯なのですが「焼きそば焼きうどんどっちにします?」て。
  • びーさんにホルガたん触らせてもらって一枚撮ったけどすごい失敗してる予感。
  • なんかおぶさんが私にひどい濡れ衣*1を着せようとしていたので隣に移る。
  • ……と思ったら気づくとびーさんの隣にいた。
  • びーさんかわいいよびーさん!!
  • ごくな:「本気で襲う気なんじゃないの?」私:「襲っていいですか?」びーさん:「……えっ!?」
  • そこでうろたえないでくださいほんとに襲いたくなるじゃないですか。
  • つかさー、私も大概ひどいけどそれ以上にごくなさんはすんごいひどいこと方々に言ってたよー?
  • こんどヤツが「ぼっそさんひどいなー」って言ったらぢsってやる!!
  • おぶさんと旦那、感動の対面。
  • めがね交換会とか。
  • つか、男性陣の中で白系の浴衣を着てるのがこのふたりだけってできすぎ。
  • ってところで旦那、会社に呼び出し食らって中座。大丈夫かいな。
  • 謎のマッタリタイムを経てお会計。ほぼ予想通りの金額でしたな。
  • 意外と大江戸線利用者が多くてびっくり。
  • 帰宅途中の人々から「雨降ってる」の報告が続々。
  • 旦那とは地元駅で合流できそうな感じ。
  • で、地元駅が豪雨!!
  • 傘は買ったけど、少し小降りになるまで待ってからかえってきました。

そんなわけでとっても楽しかったよー!!

焼くのと食べるのが忙しくてあんまりお話できなかった気もするけど、

まあそれはご愛嬌ってヤツでしょう。

幹事のnuffyさん、いろいろ気を使うことも多くて大変だったでしょうが

本当にありがとうでしたーー!!

*1:「僕を白濁4兄弟に入れたのはぼっそさんだ!」

2008-07-04

MGMG会2

MGMG会2

| 19:48 | MGMG会2 - “ぼ”んやりと“そ”こにある何か(仮) を含むブックマーク はてなブックマーク - MGMG会2 - “ぼ”んやりと“そ”こにある何か(仮)

もう書かないとでも思った?

  • MGMG会の名称と深い関わりを持つぷはー(仮名)さんを迎えて。
  • 殺人的に混雑した電車に体力を奪われながら到着。
  • 事前に幹事が細やかな連絡をくれていたにも関わらずお店について一切調べていない人が大半。
  • 駅からどちらに行くのか、どれぐらい歩くのかよくわからないまま先導される一同。
  • みんな幹事にもっと感謝すべき。
  • 座席配置は「ニートを囲む会」の様相。
  • 新人ニートが先輩ニートに挨拶。
  • それはともかくqさんと私とでどんどんメニューを決めていく。
  • 看板がバージョンアップしとる!!!!!

f:id:Bosso:20080704191615j:image:w200

  • qさんオススメの前菜、魚介のサラダバジリコソース。
  • レモンが意外に強敵。ともむんさんが渾身の力で搾る。
  • ソースウマー! てかソースウマー! パンをオーダーするのも納得。
  • 白ワインをグラスのどこまで注ぐか問題。
  • 「人を見て注いでるから」ほほぅ。
  • 「こちらもうお下げしてよろしいですか?」「あ、はい(ソースがソースが……でも大人だからガマン……)」

f:id:Bosso:20080704193825j:image:w200f:id:Bosso:20080704193848j:image:w200

  • 左:蟹のリゾット、右:魚介ラグーのニョッキ
  • 蟹が濃厚でコメの一粒一粒まで蟹。
  • 蟹スプーンじゃなくて手長海老スプーンだよこれ(手長海老の模様が入ってただけ)
  • 遠くに置かれた料理の写真が撮りにくいな……。「(携帯を渡す)はい」「へ?」ごくなさんありがとう!
  • 「で結局ラグーって何?」「知らない」「知ってるようなこと言ってたじゃん!」「いや商品名として認識してただけで」「つかえねー」「えー。」
  • 「ラグーンとは……」「多分関係ない」
  • あとなぜか方々(主に女子)から「ぼっそさんは心が広いよね!」と言われびびる。
    • いやとても嬉しいのですがそう言われるきっかけに心当たりがナッシング。
    • 何か失礼なこと言われたりしてたのに気づいてないとかかな……(汗
  • そのよこでひたすら首をひねっていたごくなさんをそろそろ本気で殴ってもいいと思うんだ私。

f:id:Bosso:20080704194118j:image:w200f:id:Bosso:20080704195504j:image:w200

  • 左:ドライトマトとモッツァレラのパスタ、右:生ハムとルッコラピザ
  • パスタモチモチー♪ ドライトマトのわりにはみずみずしかった気がするなぁ。
  • ピザはカリカリでウマー! ルッコラが苦くなかったw
  • そいや全然触れてないけどワインは順調に消費されていた。
  • 料理はやっと折り返しなのだがわりとお腹に溜まってきてた大丈夫かこの先。
  • 結論から言うと大丈夫でしたが。

f:id:Bosso:20080704200451j:image:w100f:id:Bosso:20080704200553j:image:w100f:id:Bosso:20080704200717j:image:w100

  • メイン三連星。
  • 左:qさんオススメのカジキマグロカツレツ
  • 強敵のレモンは男手によってがっちり絞られました。おかげでサッパリおいしい♪
  • 中:はなみーの若者アピールリクエストによる子羊のグリル。私は食べてません。
  • つかqさんと私以外の意志が反映されたメニューってこれだけ??
  • 右:鯛のソテーえびソース。えびソースっていうかえびがゴロゴロ乗っかってるよ!
  • えびが上手かった。今日は甲殻類充。
  • そういや今日はqさんおとなしくない?「だって変なこと言うとみんな書かれるもん。」いやそういうこと言うとそれを書きますが……。「キー! どうせ書かれるならもっとひどいこと言っときゃよかった!!!」

f:id:Bosso:20080704202729j:image:w200<次はお待ちかねのデザートだよ!

f:id:Bosso:20080704203740j:image:w200f:id:Bosso:20080704203806j:image:w200

  • 左:左からカラタナ・ティラミス・チョコレートケーキ、右:メニュー名失念……。
  • カラタナは濃厚なプリンみたいな感じ。美味しくないはずがない。
  • ティラミスは重すぎず軽すぎず、チーズの風味がきちんと生きてておいしい♪
  • チョコレートケーキはかなり濃厚。コーヒーと合わせるにはいいかんじ。qさんは辛そうだったけどw

そんな感じで今回もたいそう楽しく、美味しく、たらふく食べさせていただきました。
次の幹事は私らしい……?
ま、がんばりまーす!

【教訓】レポは忘れないうちに書け。

fjb1976fjb19762008/07/15 23:33レモンくらい僕がいくらでもしぼりますのに